心臓血管外科の医師の20代の求人は?

心臓血管外科の医師求人TOP >> FAQ >> 心臓血管外科の医師の20代の求人は?

心臓血管外科の医師の20代の求人は?

心臓血管外科の医師といっても、20代という年代では研修医がほとんどです。研修期間が終わったとしても一人前の心臓血管外科医にはまだまだほど遠く、多くの人は大学医局で指導医の下、心臓血管外科医としての基本を学んでいる段階でしょう。心臓血管外科医として将来一本立ちするのであれば、大学病院のような医療設備が整い、教育面でもしっかりしているところを目指すのが一般的です。特に心臓血管外科専門医を目指すのであれば、外科専門医の研修ができる病院に入り、まずは外科専門医の修得を目指さなければなりません。その後、日本心臓血管外科専門医機構の認定する病院に入って手術の経験を積まなければなりません。ですから、20代の医師で心臓血管外科を目指す場合、応募できる求人は非常に限られています。

心臓血管外科では医師の人材不足が深刻です。非常に高度なスキルを要求されるうえ、責任は重大で、長時間勤務という非常に過酷な状況ですから、若い人で心臓血管外科を志望する人数は年々減少しています。そのため、心臓血管外科のある病院では、卒後3〜8年目ぐらいの若い医師のニーズが高くなっています。とはいえ、心臓血管外科があるのは高度医療が提供できる大学病院や大規模な総合病院などに限られます。したがって、住まいによっては近隣にまったく求人が見つからないということもあるでしょう。しかし、ほとんどの心臓血管外科医志望者は、医学生時代からそれを見越して病院を選び、心臓血管外科専門医までのキャリアプランを描いています。一人前になるのに10年はかかる診療科ですから、違う科から心臓血管外科を目指そうという方は、相当な苦難な道を歩むことが予想されます。それを乗り越える覚悟がある方なら、十分な経験が積める病院があるエリアに転居することなどなんでもないはずです。

また、20代の時期は修業期間を割り切ることが大切です。時間外勤務や休日出勤は当然と考えないとそのハードさについていくことは無理でしょう。そういうわけで、最近若い人は心臓血管外科を敬遠しているのですが、逆にいえば、どうしても心臓血管外科医になりたいという方には、ライバルが少ないだけ希望の病院に入れる可能性もあるということです。給与や休日などの待遇は二の次として、心臓血管外科医として十分な経験が積めることを第一に病院の情報を集めてください。心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設はどの都道府県にもあるので、本気で目指す人ならば、近隣に求人がないという不満は起こらないはずです。

心臓血管外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <※心臓血管外科>医師募集ガイド All Rights Reserved.