心臓血管外科の医師の30代の求人は?

心臓血管外科の医師求人TOP >> FAQ >> 心臓血管外科の医師の30代の求人は?

心臓血管外科の医師の30代の求人は?

一人前の心臓血管外科医となるには10年は修練を積まなければなりませんから、多くの人は30代でようやく基本的な知識と技術が備わったというところでしょう。30代前半までは大学医局で研修を受けながら働く人が多いですが、これからは医局に残るのも医局から離れて他の病院に転職するのも自由です。ただ、心臓血管外科医として一線に立ち、今後もその専門性を高めていきたいならば、転職の選択肢はそれほど多くありません。

心臓血管外科医として一線で経験を積むには、大学病院や大規模な総合病院で、心臓血管外科手術の症例の多いところに入らなければなりません。そういう病院では、緊急性の高い患者が多く、急患も絶えずあるので、プライベートな時間はそれほど充実できないという覚悟が必要です。また、外科医といえば高級取りというイメージがありますが、医局の外科医はそれほど収入に恵まれているわけではありません。クリニックの医師の倍働いて、収入はその半分というデータもあるぐらいですから、休日や収入を優先して求人を探しても、心臓血管外科の求人は見つからないでしょう。

心臓血管外科で残りの医師としてのキャリアをまっとうしようと考えない人であれば、求人は幅広くあります。心臓血管外科を目指した人なら、誰でも呼吸器外科、消化器外科、乳腺外科などの一般外科で2〜3年は経験を積んでいますから、それを生かしてプライベートを充実させる働き方も可能です。いずれにせよ、30代という年齢は今後のキャリアを改めて考える時期です。なんとなく転職しようという人はいないと考えられますが、明確なキャリアパスを描いて求人を探すことが大切です。

心臓血管外科医としてのスキルを磨くために転職を考えるなら、心臓血管外科専門医認定機構が認定する医療施設におのずと選択肢が限られてきます。最近では心臓血管外科を敬遠する若い人が増えているので、気力体力ともに充実している30代ならば、多くの病院でニーズがあります。ただ、心臓血管外科手術の経験を積むための転職ならば、病院の内部事情をよく調べておくことが大切です。ベテラン医師が多いところや心臓血管外科手術の権威がいるところでは、若いうちはそういう医師のサポートばかりで、実際に執刀できる機会はそれほど与えられない可能性があります。ただ、ベテラン医師の技術を間近で学ぶことができるわけですから、それもデメリットばかりではありません。自分のなかで重視することの優先順位をつけて、それに則って求人を探しましょう。

心臓血管外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <※心臓血管外科>医師募集ガイド All Rights Reserved.