心臓血管外科の医師の40代の求人は?

心臓血管外科の医師求人TOP >> FAQ >> 心臓血管外科の医師の40代の求人は?

心臓血管外科の医師の40代の求人は?

心臓血管外科医も40代に差しかかるころには一人前とみなされることも多く、経験した手術の回数も増えてベテランとして頼りにされることもあるでしょう。心臓血管外科医といえば激務の代名詞みたいなものですが、40代になるころには若いころのようなむちゃくちゃなスケジュールで働かされることもなくなっているはずです。患者の対応にも慣れて、患者とスタッフ、若手医師とベテラン医師の間を取り持つパイプ役としても機能できるポジションです。一方、なかには相変わらず多忙を極めた生活を送っている心臓血管外科医も少なくないでしょう。あまりに多忙で自分の研究に十分な時間を割けないという不満を抱えている人もいるはずです。40代の心臓血管外科医向けの求人は、こうした悩みを抱える人にとって現状打破するきっかけとなり得ます。

心臓血管外科はたいていどこも医師不足なので、病院は優秀な人材を獲得するために給与や待遇などできるだけ良い条件で用意しています。時間外勤務や当直の回数も考慮してくれる求人があるでしょう。一方で、医師不足ということで、時間外勤務や当直を厭わない人物であればさらに高く評価される可能性があります。

40代で経験もそれなりに積んでいる心臓血管外科医であれば、あまりにもムチャな要求をしなければ、求人が見つからないということはないでしょう。ただ、心臓血管外科の権威と呼ばれるようなわが国でもトップクラスの病院となると、そう簡単に転職できるわけではありません。また、心臓血管外科といっても通常は他の一般外科と兼務するような病院では、自分の技術を十分に磨けるだけの経験が積めない可能性もあります。その辺は自分が何を優先するかを整理して、求人情報を吟味しましょう。高収入も望める心臓血管外科医ですが、基本的に一つの病院内では診療科によって医師の給与が大きく変わるわけではありません。給与が異なるポイントは時間外勤務や当直の回数によるところが多いので、あまりにも高い給与を提示する病院では、それだけの激務が待っていると考えられます。心臓血管外科担当の医師・看護師の人数、時間外勤務や当直の回数の上限などもチェックしておきましょう。

心臓血管外科専門医を修得している人なら、新しい病院では責任者のポジションを用意されることも多くなります。責任者ともなると後進の指導や全体の管理なども任され、自分の専門以外にも業務が増えます。その辺の兼ね合いも、自分のやりたいことと病院側の条件を照らし合わせてチェックしておく必要があります。

心臓血管外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <※心臓血管外科>医師募集ガイド All Rights Reserved.