心臓血管外科の医師の50代の求人は?

心臓血管外科の医師求人TOP >> FAQ >> 心臓血管外科の医師の50代の求人は?

心臓血管外科の医師の50代の求人は?

医師免許には年齢制限がないので、定年とは関係なくいつまでも医師として働いている人もいます。しかし、外科医では、しかも心臓血管外科医という極めて高度な技術が要求される領域では、70代、80代になっても活躍できるとは考えにくいです。そのため、心臓血管外科医として転職できる限界の年齢は50代前半でしょう。

人間誰しも50代に差しかかるころには、さまざまな老化現象に見舞われます。体力は若いころより確実に低下しますし、老眼も始まっている人が多いでしょう。手先の器用さも失われつつあるはずです。これは心臓血管外科医としては致命的です。神経を研ぎ澄ませたまま、時には10時間以上にも及ぶ大手術を乗り切るのは難しくなりますし、老眼で視界に問題が出たり、手先が意のままに動かなくなったりすると、心臓血管外科手術で求められる技術水準を満たさなくなってしまいます。そのため、50代に第一線を退く心臓血管外科医は多いです。外科でも整形外科ならもう少し高齢になるまで活躍できますが、心臓血管外科や脳神経外科では第一線の医師としての寿命はそれほど長くないです。

つまり、すでに50代に突入している人は、これが転職のリミットだと考えて行動するべきでしょう。心臓血管外科医を募集する病院は、若くて気力体力ともに充実している人材を求めています。ですから、50代からの求人は思うように見つからないことが多いです。もちろん50代を過ぎると求人がまったくなくなるわけではありません。ただ、求人がある場合は、臨床現場の一線の医師としての比重よりも、管理職や経営に携わることに重きを置いたものが増えると考えられます。50代でもいまだバリバリと一線で活躍する心臓血管外科医はいますが、長時間勤務や徹夜が厳しくなることは確かです。体力的に厳しくなってきたと実感している人ならば、なおさら病院が求める人材像を把握し、自分のできる範囲でどのように知識や経験が生かせるかを考えて転職先をしぼりましょう。

心臓血管外科はどこも医師不足と言われています。激務で責任も重大なことから、若い人が敬遠する傾向があるからです。そのため、若手の心臓血管外科医の育成はどこも急務となっています。ですから、年齢を重ねて若いころのような働きができないという感じる人は、指導者として後進の育成に力を注ぐという働き方も視野に入れましょう。大学で医学生相手に教鞭を取ることも、将来の心臓血管外科のためには欠かせない重要な仕事です。

心臓血管外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <※心臓血管外科>医師募集ガイド All Rights Reserved.