心臓血管外科の医師の60代の求人は?

心臓血管外科の医師求人TOP >> FAQ >> 心臓血管外科の医師の60代の求人は?

心臓血管外科の医師の60代の求人は?

医師免許に定年はないので生涯現役で医師として働く人もいます。現に内科や精神科のクリニックなど、70代や80代でも毎日多くの患者を診察している医師はいます。しかし、心臓血管外科医となるとそうもいきません。体力の低下、老眼、手先の器用さの衰えなど、加齢に伴う老化現象は、非常に高度な技術と細やかでミスの許されない作業を要求する心臓血管外科手術で致命的だからです。

60代以上でも心臓血管外科医を名乗っている人はいますが、60代で一線の心臓血管外科医として転職できる人はほとんどいないと思ってよいでしょう。気力体力ともに若いころのままの高い水準を保つ例外的な天才か、長年の間に培った政治力を利用して重要なポジションに就くような人以外は、そろそろ引退を考える時期です。ですから、大学病院や基幹病院で中心的にメスを握るような求人は見つからなくても仕方ありません。管理職の求人としても、その多くは50代までの医師で埋まってしまいます。医師としてまだまだ働きたいという人は、思い切り条件を下げるか、心臓血管外科以外の道を探すのが現実的です。

第一線を退かざるを得ないとしても、心臓血管外科医としての人生が終わってしまうわけではありません。十分な知識と技術と人間力があり、また、心臓血管外科専門医として数々の症例を経験しているような人であれば、若手医師の手本として求められる病院はあるはずです。ただ、心臓血管外科医から転向するのが現実的な考え方です。脳神経外科や心臓血管外科のような医師に極めて高い水準を求める診療科でなければ、60代以降でも外科医としてのニーズはあります。たとえば、高齢化社会が進む現在では、整形外科のニーズが過去より高まっていると言われており、整形外科の求人なら全国至る所にあります。

また、内科に転科することも視野に入れましょう。内科なら80歳を過ぎても活躍する医師がいるぐらいですから、60代なら働き口はいくらでも見つかります。病院だけでなく、老人保健施設などの高齢者施設にも医師は欠かせません。また、訪問診療のような在宅医療の分野に活躍の場を移す人も増えています。在宅診療では患者の状態によっては昼夜関係なく呼び出されることもありますが、心臓血管外科医としての知識と経験があり、長年ハードワークに耐えてきた人であれば、十分に評価されるでしょう。給与についても、在宅医療の方が病院に転職する場合と比べて、高い条件を提示する求人が多い傾向があります。

心臓血管外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <※心臓血管外科>医師募集ガイド All Rights Reserved.