心臓血管外科の医師向きの性格は?

心臓血管外科の医師求人TOP >> FAQ >> 心臓血管外科の医師向きの性格は?

心臓血管外科の医師向きの性格は?

心臓血管外科とは、心臓とその周辺の動脈や静脈の病変を外科的に治療する診療科です。血管内部の非常に細やかな作業が求められるので、心臓血管外科医は、単に知識が豊富なだけでなく、センスと器用さも必要とされます。

心臓血管外科医になるような人は、子どものころから優秀で、かつ手先が器用な人ばかりというイメージがありますが、一概にすべての心臓血管外科医が人並み優れて器用というわけでもありません。器用であるほど有利なことは確かですが、そうでなくても、それを補う性格を有していることが心臓血管外科医としての成功につながります。

心臓血管外科の手術は極めて細やかな作業ですから、器用でないことを自覚している医師は、それを補うために最新の医療機器を積極的に採り入れたり、人一倍慎重に作業を進めるような性格をしていることが多いようです。それに、不器用であることを解消するために、自分の技術を高めるために必死の努力をすることも厭いません。要は、先天的にセンスと器用さに優れているだけの人よりも、自分の問題を自覚し、それを解決するためにどうすればよいのかということを常に模索するような、慎重で飽くなきチャレンジ精神に満ちた人が生き残りやすいということが言えるでしょう。

心臓血管外科のような診療科では、知識と技術が優れていればそれ以外のことはあまり関係ないと見る風潮もあります。学生の頃は勉強さえ秀でていればそれでよしとされることもあるでしょう。しかし、心臓血管外科の手術は、一歩間違えば患者の命を危険にさらす診療科です。手術に際しては患者とその家族の不安を取り除くよう説明する必要がありますし、時には10時間にも及ぶ大手術でも集中力を切らさず、患者の命を優先して最後まで最善を尽くそうという気概も必要です。したがって、心臓血管外科医として最も必要とされるのは、結局、患者を救いたいという真摯な気持ちにほかなりません。

もちろん人に尽くすことに喜びを覚えるという性格だけでは、心臓血管外科医としてやっていくことは無理でしょう。それと同時に、外科医としての技術を磨くために、長年自己を律した生活を強いられます。一人前の心臓血管外科医としてやっていくには、自分の生活や家庭を顧みずに知識と技術の習得に没頭する時期も必要でしょう。重圧にさらされながらも、それらを成し遂げるまで追求し続けられる粘り強い性格であることも、心臓血管外科医として不可欠な性格です。

心臓血管外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <※心臓血管外科>医師募集ガイド All Rights Reserved.