心臓血管外科の医師の募集時期は?

心臓血管外科の医師求人TOP >> FAQ >> 心臓血管外科の医師の募集時期は?

心臓血管外科の医師の募集時期は?

心臓血管外科は、心臓とその周辺の大動脈や静脈など血管の病気を外科的な方法で治療する診療科です。数ある外科のなかでも極めて高い技術が必要とされる診療科で、一歩間違えば途端に患者の命は危険にさらされてしまいます。そういうわけで、訴訟の数も多く、若い医師はそのリスクを嫌って敬遠する傾向があるようです。したがって、心臓血管外科医の人数はそれほど多いわけではありません。人材が少なければ求人は多くなりそうに思えますが、実際はそうでもなく、そもそも心臓血管外科がある病院は大学病院などの大規模な総合病院に限られるので、どこにでもニーズがあるわけではないのです。医師の求人募集が増える時期は3月と10月とされていますが、以上のような理由で、心臓血管外科医の求人にはその傾向は当てはまらないと考えてよいでしょう。

心臓血管外科の手術は、長時間にわたることが多く、心臓血管外科医は時に10時間以上も立ちっぱなしで執刀しなければならないこともあります。終始非常に細やかな作業が求められるので、精神的にもタフである必要があります。そういうわけで、心臓血管外科医を募集する病院としては、若くて体力と技術力のある人材を求めています。若い医師は心臓血管外科を敬遠する傾向があるため、求人数は限られているものの、若い方であればいつの時期でも転職できるチャンスはあります。

病院側のニーズは若い人材ばかりではありません。若い医師を育てるためにもベテラン医師が欠かせません。ですから、腕に覚えのある心臓血管外科医であれば、大規模な病院を中心に探せば、時期にかかわらず求人は見つかるでしょう。ただし、ベテランの心臓血管外科医がいる病院では、若い医師はサポートだけで実際に執刀させてもらえる機会が少ない場合も考えられます。スキルアップのために心臓血管外科に転職したのに、思うように経験を積ませてもらえないということもあるでしょう。ですから、求人募集がある病院が限られているとはいえ、応募前には病院の内部事情を調べておいた方がよいです。

求人に応募する際は、実際に手術経験を積める病院であることを確かめておきましょう。重鎮の心臓血管外科医がいる病院では、症例数は多くとも自分がメスを握らせてもらえる機会はそれほど多くないかもしれません。また、若い方なら、研修が受けられて、指導医がいるという点も見逃せません。よって、タイミングだけでは心臓血管外科への転職はなかなか難しいということです。総合病院の新規オープンなど、多くの求人が出る機会を見逃さないように情報収集に努めることが大切です。

心臓血管外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <※心臓血管外科>医師募集ガイド All Rights Reserved.